欠片達の物語リメイクのお知らせ

こんばんにちはFrog&Snakeです。

この度これまで書いてきた欠片達の物語を一旦排除し、またリメイクする事に決まりました。

理由としては、前一年でキャラクター達の設定が変わりまくって今迄書いてきた話が立ちいかなくなったのが原因です。

また、リメイク後の作品はKRでの話、つまりは偽者やエクス、そして悪者の話が中心となる予定です。これからも欠片達の物語とクソうざい悪者をよろしくお願い致します。

蛙蛇キャラをまとめる ゴルドーグ編

f:id:poiuytrewqaz:20140401212259j:plain

 なんかうまそう氏に妙に好かれているキャラクター。「ゴルドーグ」のキャラ説明ですよ〜。

ゴルドーグ 性別:男 年齢:不詳 身長:目測230cm以上 種族:魔王 レベル:EX−

一人称:わたくし 二人称:あなた、〜様 三人称:あの方

能力:ハーミット
意識がある間は常時発動。周囲にいるあらゆる生命体の、「ゴルドーグに対する殺意」を消す能力。

 頭に生えているゴキブリの触覚のような長いアホ毛と、異様に高い身長が印象に残る魔王様。
 大方が思う魔王のイメージとは対極をなすと言っても過言ではない性格であり、戦闘、特に殺人を好まず、自称頭脳労働専門。情に脆く、よく小説や映画を観ながら号泣している姿を目撃されている。
 また、格上に対する忠誠心は基本的には(ここ重要)非常に強い。戦闘は好まないものの命令があればちゃんと闘い、期待以上の働きをする。
 ポーカーフェイスであり、敬語は何時如何なる時も崩れない。但し、敬語と言っても少し変わっており、語尾が「です〜」や「ですね〜」等、間延びすることが多い。
 忠誠心が強く、敬語が崩れないと言ったが、思った事をすぐ口に出す癖があり時々失礼とも取れる事を口走る事がある。f:id:poiuytrewqaz:20140401214759j:plainただ、能力のお陰で失礼な事を言ったとしても相手が殺意を抱かない為大事になる事はない。 (時々シルバの投げたナイフが頭に刺さることがあるが。)
 能力名はハーミット」。相手の殺意を消す能力である。聴いただけではあまり強そうな能力とは思えないかもしれないが、相手は自分の繰り出す攻撃に殺意を乗せる事が出来ない。つまり、どんな百戦錬磨の戦士でも攻撃する事に躊躇したり、手心を加えざるを得なくなるので非常に厄介な能力である。
 レベルこそEX−であるが。この能力によって相手が弱体化するためレベルEX位の相手なら互角、或いはそれ以上に渡り合う事が出来る。ただし、最初からゴルドーグを殺そうとしていない相手には当然だが効果は無い。
 シルバ、他四天王には割と重宝されているらしく、ジ・ヴァイスの領域内からナイツロードに渡った最恐最悪絶対兵器「プレテンダー」の監視を任されている。
 シルバ曰く、「憎めないヤツ」。
 因みに、首元にある目玉っぽい物は動く。変身前のプレテンダーの眼と似ているがあちらの眼の色は黄色。ゴルドーグのは赤色であることから解る通り特に関係性は無い。


ラクガキーノ

適当にラクガキをあげる自己満足に満ちた日記
f:id:poiuytrewqaz:20130829104357j:plain
f:id:poiuytrewqaz:20130829174416j:plain
f:id:poiuytrewqaz:20130830104233j:plain
f:id:poiuytrewqaz:20130901190934j:plain
f:id:poiuytrewqaz:20130904170327j:plain
f:id:poiuytrewqaz:20130906205259j:plain
f:id:poiuytrewqaz:20130906205326j:plain
f:id:poiuytrewqaz:20130907205504j:plain
f:id:poiuytrewqaz:20130911174021j:plain
最後のイラストは時間が掛かった

蛙蛇キャラをまとめる プレテンダー編

今回はツイッターの仲間内で人気になりつつある(かもしれない)プレテンダーの説明です あるいみこのキャラが蛙蛇キャラの中で一番輝いています
f:id:poiuytrewqaz:20130821210713j:plain
f:id:poiuytrewqaz:20130821210731j:plain

プレテンダー 年齢:不詳 性別:生物学的には不明 精神は女
能力1:コピーしたものに変身したり、生み出す能力
能力2:他生物に寄生することができる

チャット内で生まれたキャラクター。蛙が「悪ヴァナルド」なるものを描いた時、それを見たヴァナルドの作者ラルバートさんが「悪ヴァナルドというよりは偽ヴァナルドだな」という一言から生まれた。
作られてからしばらくは「偽ヴァナルド」という名前で設定等も全く決まっていなかったが後に蛙が設定を作り、今のプレテンダーとなった。
普段は火星人体型をしているが、能力により変身することができる。この能力は対象の魔力量意外なら能力や材質も完璧に再現可能であり、大きさや色も変えることができる。また、人に変身した場合、プレテンダーが読者が混乱しないよう配慮し、顔が上の小物顔になったり、服が黒一色、元々の服が黒なら白一色になるようにしている。
第四の壁(ググれ)を破壊することもでき、公開された情報ならいくらストーリー内では秘密となっていてもプレテンダーは知ることができる。例えば、アーカードさんのオリキャラ「イリガル・エーカー」が二重スパイであること等。
性格はとにかく軽く、人を煽るような口調が特徴。語尾がカタカナになっていたりwが付いたりする。「どこぞのブシなんとかドーはSS書く時はwは付けないようにしようとか言ってたけどおれちゃんにはかんけーないネ!ww」一人称が一定ではなく確認されてるだけでもおれちゃん、ぼくちん、おれなどがある。二人称、三人称も同様
上記のように色物キャラクターであるためか、ある小説に出演リクエストを送った所、色物すぎて動かせないと言われたり、三十代男性のオリキャラに同じ作者の魔法少女キャラの衣装を着て作者から苦情が来た珍事件がある。
うまそうさんのオリキャラ「レッドリガ」を「レッディ」と呼び一方的に友達と思っていたり、ラルバートさんの「ヒリア」を何故か毛嫌いしている。
「アルティナ」と仲が良く、彼女に能力で寄生し闘うことがよくある。寄生した宿主の魔力を自身のと合わせて使える為、魔力量の多いアルティナとの相性は良い。
ちなみに、プレテンダー自身のツイッター垢があり、そこでさらっと「ある日突然さらわれて、気付いたらこの姿になっていタ マルw」という重大発言をしている。

蛙蛇キャラをまとめる ヒロイン編

ぶっちゃけ設定あんまり決まってない訳だが←

ツバサ 15歳 ♀

能力 無生物を自由に動かす事ができる。いわゆる「キネシス能力」。対象物の大きさによって動かせる数は変わる。

蛙蛇キャラでは空気薄めなキャラ。というかイクスとプレちゃん以外のキャラが軒並み空気薄い。というかオレ自体空気が薄い。
うごメモで制作中の厨二系ストーリー←「Devil War」のヒロイン1。
お節介焼きで適応力高め。剣をキネシスで自由自在に動かして闘う。このキネシス能力。1対1なら相手の武器を完全に無効化できる為、地味にエグい能力である。股間の真下に小石でもあった日には【お察しください】
ストーリーではイクスに片想いする予定。ツバサちゃんはアホ毛っ娘だからワンチャンあるよ!よかったね!
名前に名字がないのは彼のサイレント様が製作なされたうごメモ界のレジェンドストーリー「WHIGHT STORY」の舞台「光の王国」出身だから。というのは建前であり単に作者が思い付かなかっただけである。そもそもツバサという名前自体が難産。というか幼馴染み(♀テラカワイイ)の名前そのまま。なんとなく言いたくなったので言わせてもらうが、3次元女子ちね。
父が傭兵とかいう設定があったけど綺麗さっぱり消滅した。ラルバート設定変えすぎだろとか言ってられる立場じゃないぞオレ。
外見が女に見えないのはオレが女描くの苦手なだけ。
Bカップ。


アルティナ・ニオベ ♀ 年齢不詳

能力 無し

ヒロイン2。
元々奴隷をしていたせいかおとなしい性格で主張しないタイプ。
体はひ弱であり、ESPも持ってない彼女だが魔力だけは何故か規格外に持っている。
奴隷時代、雇い主等からフェ○等の性的なイタズラを幾度となくされたという「うごメモでこんな設定大丈夫なのか?!」って感じの重すぎる過去をもっており男性が苦手である。
ちなみに、名前はエクスがアニメキャラクターの名前から取って付けた名前にギリシャ神話の登場人物「ニオベー」を足したもの。
プレテンダーとはお互いにあだ名で呼びあう程に仲が良い。
AAカップ

次回プレテンダー編
ツバサ
f:id:poiuytrewqaz:20130830104233j:plain

蛙蛇キャラをまとめる 兄弟編

ッつー訳で張り切っていきましょー(棒)


イクス・イグナイト ♂ 18歳
能力1 通常任意で操作できない脳の機能を操作することができる 脳に埋められている機械によるものであり、ESPではない
能力2 魔力操作による飛行、身体強化、バリアetc…

ナイツロード第三支部所属。時々旅をすることもある。中折れ式の拳銃とリボルバー式のマグナムにサバイバルナイフ、体術で戦う。前述の能力があるが使わなくても充分チート戦闘力であるため殆ど使わない。宝の持ち腐れとはまさにこの事。
無口、強面で引き金が軽い男であるように周りに見られているが、命令さえされなければ絶対に人は殺さないし、仲間も一応大事にする。ある意味ナイツロード内で最も模範的な傭兵ともいえる。
金を稼ぐのが好きであるが、しみったれという訳でもなく、本部に遊びにいく際は欠かさずお土産を持っていったりする辺り、気遣いはできるらしい。
自然と動物も好きであり、支部の近くにある湖でよく寝ていたり、早朝に本部に出掛けて日の出を拝んだりする。
因みに、右目の眼帯は暗視や透視ができる特殊な機械であり右目はちゃんとある。
見た目こそアンチヒーローではあるがその実、中身はそれなりにできた人間であり、いい意味でも悪い意味でも中途半端なキャラクター
因みに、アホ毛を見るとついつついてしまうクセがある。なんじゃそりゃ。

エクス・イグナイト 18歳 ♂
能力 無し

ナイツロード本部所属。
自他ともに認める変態かつ天才であるが興味のないものにはいかんせん無知である。
インターネットサーフィンが趣味であり、手首につけてある携帯型PCでよくネットをしている。
コミュニケーション能力が高く友達は多い。ナイツロード内で女性の下着を一週間貸す下着屋なる商売をしておりファングなど変態仲間とは特に仲がいい。
よくリンリンにセクハラ行為をしてからかっている。当然その度にボコられる。
戦闘ではロボットスーツを着用、自家製の兵器で敵を殲滅する。頭脳労働専門であるはずなのだが後述の理由で前衛が多い。身体能力は低いが、スーツの性能が異常に高いためか戦闘能力は高い。
人の命を何とも思っていない節がある。むしろ人殺しを楽しんでいる節がある。
イクスの弟であるが、あらゆる意味で兄とは対象的なキャラであるといえる。
兄のアホ毛フェチに対してエクスはチッパイフェチ。変な性癖(?)をもってる事に関してだけは兄弟で共通している。
イクス
f:id:poiuytrewqaz:20130829173711j:plain
エクス
f:id:poiuytrewqaz:20130901190934j:plain

Chivalryさんの「SS」を一気読みしますた

今日の午後ずっと↑してました 暇人だねオレ!
で、その番外編でエレクとネオが出てくるやつでの「おっ○いゲーム」やってるときに言ったネオの台詞
「パ○パン素人娘ぇ!」の「パ○パン」をWiki先生で調べて後悔したというね なんでパ○パンの写真を普通にのせちゃうかねー・・・
んで その後エレクがレイド・グーロ・ルナの3人に「おっぱ(ry」の事を話してたんだけど途中でルナちゃん逃げ出すんだよね  つまりアレか 理解できたのか パ○パンとかジュ○ニカ学習帳とか(ジュ○ニカも調べたけどこちらは意味がわかりませんですた(´・ω・`))
最初の注意書きでキャラ崩壊注意って書いてあって最初ネオがキャラ崩壊してるのかと考えたが もしかしたらルナも崩壊してたのか  それともパ○パン、ジュ○ニカという言葉自体が常識の範疇でオレがDQNだったっていうだけの話なのか・・・

                           ・・・やめよう